1. TOP
  2. > シパツウ
  3. > 読書のススメ
    「一分で一生の信頼を勝ち取る法」

読書のススメ
「一分で一生の信頼を勝ち取る法」

DoLA / パテ

2022.02.25


 

 人にはそれぞれ、些細なことから大きなものまで様々な課題が存在します。

その課題を克服したり、目標を達成したりしながら、

より良い幸せな人生を求めて生きています。

そんな皆様へお勧めしたい本をご紹介いたします。

「一分で一生の信頼を勝ち取る法」 

著者:矢野 香 

  

心理学者のシュナイダーらは、「対人認知の6種類」として、人が相手を判断する過程を6つに分けました。

  • 相手の存在に気づく
  • パッと見の印象
  • 行動から受ける印象
  • 他の特徴を推測
  • 全体の印象形成
  • 将来の行動を予測

この6つは瞬時に、かつ無意識のうちにおこなわれます。

その時間は1分もかかりません。

私たちは1分以内で、信頼できる人かどうか相手に判断されてしまうのです。

 

ここだけマネる「NHK式7つのルール」

第1のルール:話す目的をハッキリさせる

第2のルール:「13文字以内」でタイトルをつける

第3のルール:結論は「最初の15秒」で言う

第4のルール:「一文50文字以内」にする

第5のルール:「4つの抑揚」で強調する

第6のルール:「1分300文字」でゆっくり話す

第7のルール:独り言から入る

 

人は話を聞くとき、その話に「意義」や「大義」があるかを無意識にチェックしています。逆に言えば、「意義」や「大義」を持たない話し手は信頼されません。

「誰に、何を、伝えたいのか」

「なぜいま、なぜ私たちが伝えるのか」

 

「誰に」が見えてきたら次は「何を」を考えます。何を伝えたいからそれを話すのか、です。

何を伝えるかは大きく分けて2つあります。

「事実」と「感情」です。

「事実」とは、数字・データです。

たとえば「業務報告」として実際の売上金額を伝えるような場合です。

「感情」とは、話しているあなたや聞いている相手の気持ちです。

たとえば、自分が担当しているプロジェクトを成功させるために、ぜひ協力してほしいと伝えるようなシーンです。

人は、自分のことを本気で思ってくれる人を信頼し、話を聞くのです。

伝えたいことには「事実」と「感情」の両方が入っていることが大切です。

話をするときに、「何を伝えたいか」という「何を」で話のポイントを考える方は大勢いるでしょう。しかし、「なぜ、伝えなくてはならないのか」という「なぜ」まで考えている人は少ないのです。

「何を」だけだと、話し手の一方的な思いだけになってしまうことがあります。

「なぜ」を考えると話す内容に公共性が出ます。「誰に」「何を」「なぜいま」「なぜあなたが」伝えないといけないのか?

 

I→YOU→WE法とは

話をI(私)から始め、YOU(あなた)、そしてWE(私たち)と徐々に広げていくことで、聞き手を巻き込んでいく方法です。

私たちがこの「I→YOU→WE法」を使うと効果的なのは、聞き手が今から話す内容にあまり興味がない場合です。「I→YOU→WE法」の流れで誘導すれば、最初はあまり話を聞く気がなかった相手でも、スムーズに波に乗ることができ、あなたの話が聞きたくなっていきます。

 

信頼を勝ち取る7つのルールを実践してみたいと思います。

SHARE